あまねんち ~よもやまなことごとばなし~

母ヨーキーと長男・次男・長女ヨーキー。黒毛長ねこにしばわんこも一緒に暮らす『あまねんち』で、つれづれづれーと考える、いろんなあんなことやこんなこと♪

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

きょうかんじたこと

しばらくぶりでした。
涼しくなりましたねー・・・。

今日はとある病院に行ってました。
(まったくもってたいした病気などではありませんので、ご心配なく)

そこで受診後、隣接している薬局に移動する時に患者用の駐車場を通り抜けたのですが、
そこに
とっても古い、古い古い白色の軽自動車が駐まっていたんです。
それは「ボロ車」と言ってもよいような、
ていうか、そうしか言えない車でした。
百々介

リアの窓ガラスとフロントグラスに、紅葉マークっていうんでしたっけ?
あれを1枚ずつ、外側からセロテープやガムテープで貼り付けてあって、
『あ・・・、これに乗ってるヒトはお年寄りやねんなぁ・・・』
って
そんなことボンヤリ考えたりして、
千十介
ちょっとなんとも言えないような「サミシサ」も感じたりして。

で、その後、薬局でお薬を待っていたら、そこにおじいさんが入って来はったんですよね。
『あー、さっき病院にお年寄り他に居てはらへんかったし、たぶんあの車の・・・』って。


今朝早くから、突然の訃報。
緒形拳さんが亡くなるなんて、本当にびっくりしました。
だってつい最近まで、いつものままの飄々としたおしゃれなお姿を見せてくれてはったし・・・。


そのおじいさんは本当に普通のおじいさんで、
特にみすぼらしい格好をなさっていたとか、
そんなことは全くなくて、
もしかしたらあの車も、全然そのおじいさんとは関係なかったかもしれないんだけど、
伽音

人は病気をしたり、歳を経って老いていき、
物は古びていき、
やがて死が訪れるし、
壊れて消えていく・・・

んだなぁ・・・。
なんてボンヤリと考えてました・・・。


そのうちに順番がきて、ワタシは外に出、また駐車場を通って自分の車に戻ったのですが
やはりあの白い軽自動車はそこにあって・・・。

さみしさを感じながら、なんだか目はそちらに向いてしまう

その時に、ふと気がついたんですが、
ダッシュボードにあたるところ、前のちょうど真ん中に何かが置いてある。
気になってよく見ると、
犬のぬいぐるみと猫のぬいぐるみが寄り添うように座っていました。
そしてそのぬいぐるみたちは、車のボロさ加減とは全く違っていて、
きれいな状態で座らせてもらっていたのです。
本当にそこだけぽっかりと明るく、かわいく。
きれいにしてもらっているのが判りました。

『大事に可愛がってもらってるんですよぉ(^^)』
『この車のご主人に、やさしい気持ちでいてもらうお仕事は、楽しいんですよ(^^)』

って、言われてるみたいだった。

天音
あのコたちは一体どこからあそこに来たのかなぁ・・・。




ほんとに、
ほんとうによかった。







スポンサーサイト

| かんがえる | 2008-10-07 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。